風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

写真の加工修正改竄

昨日、遅ればせながら「河」HPの5月号をアップした。毎月中旬を目途にアップしているが、原文のPDFファイル到着が遅れたので仕方がない。下図は今月分のトップページに掲載した扉句の画像。

河誌の見開きの扉ページには毎月主宰の句と短いその鑑賞文が掲載される。HPではその句に合わせた写真に主宰句を載せ、写真俳句にしている。今月号は「五月雨や人の時間の外に降る」。主宰は主観俳句も多く、写真の取り合わせが難しい。そんな中これは我ながらいい感じにできた。


写真には問題の発生を未然に最小化するため原則自分で撮影した画像を使っている。この写真の原図は昨年の8月2日にこのブログで掲載した写真。夏の雨なので梅雨の雰囲気とはちょっと違う。そこでこれをWindows10になってから写真をクリックすると使われる「フォト」というアプリで加工した。ニコンD5200 のオートモードで撮影した画像がこちら。これでも悪くはないが句意に若干そぐわない。
20160802-2.jpg

こちらは3月号のbefore after。句は「棒のごと哀しみのあり春の雪」。原画像は今年の2月7日の降りしきる雪を撮ったものだが、光量が少なく暗い。それを加工修正改竄するとなんとなく春の雪の明るさが出た。雪景色に白の文字なのだが、文字の背景に濃鼠のぼかしを入れて文字を浮き出させるという小細工も併用。
201703.png DSC_0270.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック