FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

タオルミーナ

昨夜NHKの7時のニュース、「・・・G7がタオルミーナ開催され・・・」のような声が流れびっくり、映像として開会会場であるギリシア劇場が流れた。

イタリアはローマもフィレンツェもサンジミニャーノも素晴らしいが、それにも負けないのがシチリア島。オスロ駐在時のアルバムを開いてみると、18年前の1999年春に訪れていた。中でも印象的なのがアグリジェントとタオルミーナ。5泊のうちタオルミーナでは連泊したほど。当時は最初の海外旅行であったドイツで痛い目に遭った学習効果で、海外旅行は一泊目は予約するが後は予約なしの気ままな旅。タオルミーナでもインフォメーションで宿を照会し、ドイツ人が提携しているという二つ星の宿を選んだ。さすがにドイツ人が選んでいるとあって快適な宿だった。朝食にトマトジュースが出たと思って飲んだらブラッドオレンジジュースだったのも強烈な印象。シチリア島の「Moro」は代表的なブラッドオレンジだった。

後日JALの機内誌で、超一流会社の社長に「今まで最も印象的な観光地」のようなアンケート記事があり、二人がタオルミーナを挙げていた。そうだよな、と納得したのも印象的。

G7、これまでは単なるセレモニーに過ぎないとして関心はなかったが、すっかり忘れていたことを思い出させてくれたことから、やはりそれなりの価値を認めねばならないと再評価。

G7開会式の会場であるギリシア劇場にて。


アグリジェント、背景のコンコルディア神殿はアテネのパルテノン神殿よりはるかに良好な状態で残っている。
IMG_0002.jpg
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック