風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

横浜ハイク

桜木町から更なる南下。ただ、横浜も訪れたことがなかったが、桜木町方面のいわゆる横浜らしい所も行ったことがなかったので今回は横浜見物を主たる目的とした。以下、全て初めて見るものばかり。


目新しいものばかりだからあちこちで足を止め、パシャパシャと撮る。
20170603-2.jpg 20170603-3.jpg

20170603-4.jpg 20170603-5.jpg

「みなとみらい」から大桟橋へ。送迎デッキは床が全て木製、そこで結婚式が行われていた。
20170603-6.jpg 20170603-7.jpg

東側に回ると自衛隊の護衛艦「たかなみ」が接岸していてデッキに人が連なっている。覗いて見ると、観閲式のようなものをやっていた。寬仁親王妃信子妃殿下が観閲されているそうだ。妃殿下は副総理麻生太郎の妹。撮影時は何もわからなかったのだが、帰りに大桟橋の入り口に居た自衛官に船の名前を訪ねた際にいろいろと教えてくれた。自衛隊マニアと思われたのか、これをどうぞと言って防衛省のカレンダーまでくれた。
20170603-8.jpg 20170603-9.jpg

続いて山下公園。土曜とあってかずいぶんと賑やか。公園の南側の庭園が素晴らしい。基本的に薔薇園なのだが、イングリッシュガーデンの主役たちが脇役としてぎっしり植えられていてそれは見事なもの。こういう庭を作りたかったのだが、年の半分が2メートルの雪に覆われかつ半日しか日が当たらないのでは無理と悟りはじめた。
20170603-11.jpg 

山下公園を抜け、あこがれの「港の見える丘公園」へ。イメージしていたビューとは全く異なりがっかり、ただここにもイングリッシュガーデンがあり、赤れんがの柱などもわざとらしく作ってあっていい感じ。さらに外人墓地や、昔の外人の家などを見つつ石川町駅へ。

桜木町駅を出たのは10時半頃。山下公園ではジャンクフードの店があったが12時前だったので、どこかで食べればいいやとスルーした。ところが「港の見える丘公園」をはじめ、石川町駅に着くまで、こじゃれたケーキ屋が二つあっただけで、食べるところどころかコンビニさえ全くなかった。この街に住む子供はファミマもローソンも知らずに大人になるらしい。石川町駅に依る必要はなかったのだが、食べものを探しに寄ったもの。
20170603-12.jpg 20170603-14.jpg 20170603-16.jpg 

石川町から先は見るべきものもなくひたすら自動車道を歩く。右上は根岸に行く途中にあった「馬の博物館」の馬場。好天に恵まれたものの、当然暑く、金沢八景まで行く予定も、新杉田の高層ビルが見えた途端に諦めた。
20170603-18.jpg 20170603-19.jpg 20170603-20.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック