風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

防衛省カレンダー

昨日、自衛隊員からもらったカレンダー、どうもお宝らしい。左上に防衛省の名とロゴがあり、フッターに陸海空自衛官募集とある。防衛省も営業努力の一環としてカレンダーを販売しているのか、ネットでは壁掛け型から卓上型までいくつかのタイプのカレンダーが並び500円から3200円までの値が付いていた。ところが今回入手したカレンダーはない。どうも非売品のようだ。きっと、入隊の見込みのある応募者に配布したのだろう。となると普通の人は使ってしまう。今だから未使用、しかも非売品とあれば、「お宝鑑定団」に出せば5000円ぐらいになるのかもしれない。

2か月で一枚の構成で、ミリタリーオタクなら幸せになりそうな写真が並んでいる。下図はその一部。
ブルーインパルス ブルーインパルス

護衛艦いずも 護衛艦「いずも」

カレンダー部分の下に様々なキャラクターがぎっしり並んでいた。それぞれのキャラクターには(XX地本)と書いてある。
自衛隊地本png

地本て何?と思い調べると自衛隊地方協力本部の略で地本、北海道に4ヵ所、その他の各都府県庁所在地に1ヵ所ずつ、全国に計50ヵ所設置されている。自衛官募集活動と自衛隊の広報活動がメインらしい。これだけ多様なキャラクターがあるという事は各地本が独自に決定したのだろう。ちなみに上図は、左から茨城、三重、島根の地本のイメージキャラクター。防衛省というと中央集権の塊みたいだが、意外と寛容。それにしてもどう見てもアニメのキャラらしきものも多く、国を守るための涙ぐましい努力に感謝。
防衛省組織図
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック