風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

メールの不可解と可解

タイトルを入力してわかったが、不可解の反語としての可解という言葉は無いようだ。曰く「不可解」(蛇足とも思うがこれ、藤村 操が華厳滝で投身自殺現場に残した遺書「巌頭之感」から)。という事はさておき、昨日今日でメールに事件が起きたので記しておかねばならない。

昨日ある人からメールがあり、「返信」で返信を送信したところFailure Noticeが入った。受信メールに返信してFalureなどという経験は初めてで何回か試みたが反応は同じ。聞こえはするけど話せないという状態。
failure notice1

たまたま今日発行所に行く日で、彼女(と言っても年上)とお昼に話したが、さらに全員の午後のコーヒータイム時に送信した本人もいたので話題にした。すると二人がそういうこともあると話し、スマホを新しく買うとプロバイダが意地悪に設定してあるので受け取っていい人を新規登録すれば良い、という結論になった。で、彼女、私のメアドを新規登録してテストメールを送った。帰宅後受信していたメールに改めて「返信」で返信を送信したところまたしてもFailure Noticeが入った。多分購入したスマホのデフォルトの設定が間違っているのだと思うが、そんなものを平気で売る会社が存続できることが曰く不可解。

実は、帰宅後メールが受信できなかった。いくつかメールがあるはずと、「すべてのフォルダを送受信」のボタンを押すと(いつもそうしている)、メールの詳細を記したポップアップが無意味に現れ、OKボタンを押すと「通信不能」というような警告が出てメールを受信できない。いろいろと触るが全く解決せず、結局同じポップアップが出るばかり。話せないだけでなく、聞こえもしなくなったヘレンケラー状態。

さすがにヤバッと思い一瞬暑くなった。が、ふと思い当たる節がありその作業を実行し、受診フォルダを開くとあっさりといつも通りに自然と新着メールが入った。思い当たる節とは古いメールの量。受信メールは適宜消去しているが、送信メールは自分で送った責任もあり、しばらく放置していたので1000通以上溜まっていた。そこでこれらを大幅に消去した。ひどい便秘でご飯が食べられなくなった状態というアナロジーがわかりやい。故に、これは可解ゆえ問題解決。

24時間でこんなことが起こるって一見悲惨なようだが、一度に片付きそうでけっこう運がいいのかも、と思う。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック