風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

しあわせ感のコスト

先日の夕食。メニューは;
サラダ:北海道直送のアスパラガスとフルーツトマト
メイン:ラタトゥーユと豚肉のソテー
チーズ:イタリア産パルミジャーノレッジャーノとベビーチーズ
パン:トロアグロのフランスパン
ワイン:Montesのピノノアール2015

アスパラは20本ぐらい、ラタトゥーユは容器一杯、豚肉は二人で300グラムとボリューム十分の上とっても美味しかったので、食後、原価が話題になった。それがあまりに安かったので、思わず食い散らかした後ではあったが映像を記録。


参考までに詳細を記す。
1)サラダ:200円
アスパラガスは北海道の妻の母が送ってくれたものでコスト0、フルーツトマトは近くのスーパーのサミットで購入したのだが、いつもより100円安い10個500円で、4個使ったので200円。

2)メイン:950円
ラタトゥーユの原料のパプリカとズッキーニは小田急ハルクの今月の特売だったそうで、それぞれ108円と84円、ナスと玉ネギ半分とトマト缶2個はそれぞれ90円、15円、200円、合わせてラタトゥーユは小計497円。豚肉も小田急ハルクで購入、13時までの朝割引で159円/100gの453円。

3)チーズ:イタリア産パルミジャーノレッジャーノはいただき物でとベビーチーズはサミットの安売りで4個84円。

4)パン:313円。

5)ワイン:2000円
Montesはチリの最大手のワインメーカー、自転車マークのコノスルより高級品とはいえ、エノテカで2000円。ちゃんとしたピノノアールで、下手なレストランで飲む6000円(概ねレストランのワインは小売の3倍)以上のピノよりはるかに旨い。

ワイン1本を空けて3500円でおつりが来るという原価。値段を聞いたらより幸せ感が増えた気になった。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック