風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

加計学園問題の真実

7月10日(月)に衆参両院で、加計学園問題に関して閉会中審査が開かれた。この模様はNHKで9時から17時までほぼ全容が生中継されたから国民の目に本件の真相が示された、はずだ。しかし、実際にすべてを観た国民はごく少数であり、多くの国民は新聞、テレビでの報道を通じて、本件の概要を知った気にされている、と言うのが実情である。

報道では前川元次官の答弁が主体で、参院に参考人として招致された加戸前愛媛県知事の発言は、少なくとも日経新聞では全く報道されていないし、NHKのニュースでも紹介されたものを観たことはない。

加戸前愛媛県知事は、1957年に文部省に入省し1988年に同省の大臣官房長に就任、89年に辞職し、1999年に愛媛県知事選に出馬、現職の伊賀貞雪知事を破り初当選し、2010年まで3期12年務めた方。今治に獣医大学を誘致しようと努めてきた核心の人物である。

彼に質問するのが自民党参議院議員の青山繁晴氏。氏の説明と加戸氏の説明によって、実は本件の全貌が白日の下に明確に示される。不明瞭な点など一つもない。青山氏は前川氏にも質問、前川氏もバカではないから何か自信をもって話すが、答えになっていないことがよくわかる。内容を書くよりも、この40分間の質疑における加戸氏の言葉をまとめたYouTube映像があるので紹介する→ダイジェスト版(クリックすると開きます)。
。加計問題に関して新聞テレビからだけの知識しか持っていない方は、是非真相、すなわち誘致に当たってきた加戸氏の言葉を聞いてから口をきいてほしい。このダイジェスト版、氏の発言を直接引用してあり本筋がわかる。全部で8分強あるが、最初の4分30秒で十分。

興味を持たれた方は是非、青山氏の質疑の全容を観て真相を理解してほしい。全部観るのは辛いだろうから、13分目から28分目までの15分間と、最後の40分目からの2分間だけでもいい→参院:生放送。テレビ、新聞の報道がいかに真実と乖離しているか、驚愕に値することがわかるだろう。

もう一点、前川氏に対する質問で、誰だか忘れたが、「文科省の文書を漏らしたのは前川氏ではありませんね、イエス、ノーで答えて下さい」という場面があった。氏の答えは「誰がいつやったかを答えることはできない」、というもの。当然、「そうではなくてあなたが下かどうかを訊いているんです」と畳みかけるが答えは同じ。彼は否定しなかった。この点も報道されなかった。

ちなみに翌11日の日経新聞の報道がこちら。読者がいかに馬鹿にされているかがわかるだろう。
加計1
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック