風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

額紫陽花

目覚めれば雨の音。

庭には増やした紫陽花だけでなく何故か額紫陽花も生えている。植え付けた訳ではないし、紫陽花は種を付けないので不思議。いくつかの種類がある。手元の日本文芸社の「樹木図鑑」(2005年第1刷発行)には山地の樹木として5種類のアジサイが掲載されていた。「ガクアジサイ」もあるが、分布が本州(房総半島、三浦半島、伊豆半島、等)と限られるから、正確には「ガクアジサイ」ではないようだがでは何かというとよくわからない。
 20170723-2.jpg 20170723-3.jpg

ネットで調べると、いわゆるアジサイは栽培品種で、日本に自生するガクアジサイが原種だそうだ。江戸時代に来日した博物学者シーボルトと植物学者のツッカリニはオランダに帰還してから共著でで『日本植物誌』を著してアジサイ属 14 種を新種記載、世界に紹介されたという。ガクアジサイは装飾花と両性花からなり、いわゆるアジサイは装飾花だけからなる。
2shutu-ajisai-2.jpg

後年、遺伝子解析による分類 APG II では、遺伝子的な違いがなかったためか、ガクアジサイ と アジサイ は同じ学名 Hydrangea macrophylla となっている(米国農務省の DB. GRIN による) 、というから多分同じ種なのだろう(以前「種」について記したので以下略」。原種と思うと、栽培品種と較べずっと可憐できれいに思える。
20170723-4.jpg

妻を駅まで送り、サンモールで買い物。利根川に出ると川霧が。
20170723-5.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック