風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

厚顔無恥

籠池氏が補助金適正化法違反と詐欺の容疑で逮捕された。森友学園問題は、元々それだけの事件で国会の予算委員会で長時間質疑を繰り返したリ、新聞テレビが連日騒ぐような問題ではなかった。実際3月14日のブログにそう記した。要点は下記の通りで詳細はこちら→3月14日の記事

1.国有地売却問題:売却したのが財務省近畿財務局だから売却した方に責任があり地検が捜査に乗り出せばよい。
2.幼稚園の教育方針:本質的に私立なのだから神でも仏でも何でも信ずることを教えれば良く、どこの幼稚園に自分の子供を入れるのかは個人の自由。
3.建築費問題:所詮一法人の虚偽申告問題なので、法に違反していれば告訴すればよいだけの話。新聞の三面記事レベル。


新聞テレビは、ひたすら安倍首相が国有地を「関係の深い森友学園の経営者・籠池氏のために破格の値引きをおこなった」という大キャンペーンをくり広げたが、実態は下記のようなもの。そのぐらいのことは、社会常識のある人が、新聞テレビの報道の中の10%ぐらいの真実部分をみれば自明だった。
日経新聞のまとめ。森友容疑

あまり見かけない森友学園の敷地(赤)と隣接した野田中央公園(青)の画像。両方とも訳ありの国有地ということで、野田中央公園にも様々な援助が付き、実質的に大幅な値引きになったという。
森友場所

加計学園も同じ構造。新聞テレビは、加計学園は安倍首相の友人が理事長を務めており、「加計学園に便宜をはかるため」に、「国家戦略特区がつくられ」、獣医学部の「新設が認められた」とされる疑惑をつくり上げた。そして、主たる推進者の加戸前愛媛県知事が真相を国会で陳述し、かつその模様がライブ中継がなされたにもかかわらず、その陳述を全く報道しないという異様な状況であった。本件に関しては加戸氏や八田氏に事実を確認して真相を確認しているにもかかわらず、疑惑を強調しているという点において疑惑の捏造。加戸氏が、「マスコミのインタビューに答えても大事な部分を報道してくれなかった」、とやはり国会で陳述している。

こちらも珍しいであろう加計学園の敷地の画像。愛媛県今治市の「いこいの丘」にある。もちろん本ブログ独占公開。
加計場所

またこんなことを書くのも今朝の日経の「春秋」というコラムにこんなことが書かれていたから。

・・・これも「フェイクニュース」の変種なのか。悲しいことに、現代は言葉の真偽を見破る鋭い力がまず求められるようだ。日々の暮らしにも落とし穴が潜み、政治の場で語られる標語や言い分も素直に飲み込めないことが多い。今夏は内閣改造、日報問題に関する閉会中審査、さらには民進党の代表選びと、美辞やら釈明が乱舞しそうだ。過ちも彩りとなる「ひと夏の思い出」などと片付けられてはたまらない。暑気の中、吟味せねばなるまい。

オレオレ詐欺に関するコラムの最後の部分だが、お前らだけには言われたくない、というような文章。つい、厚顔無恥とか恥知らず、二枚舌と罵詈雑言を並べたくなる。実はこの春秋子、社の編集方針に対する怒りからこれを記したのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック