風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

大三元

昨日のビットコインの記事に対し、「買ってみようかと思う」旨のメールをいただいた。もちろん自分で検証したにしろ記事を信頼していただいている証左としてたいへん嬉しかった。この記事、単にビットコインって何、という個人的興味に対して、実態を調べ、合わせて関連する世の中の事象を組み合わせた上、得られた合理的予測結果をメモとして残したもの。推理小説の謎解きに似ているかもしれない。思えば「政経倫社」の箱の記事はこの手の記事が多いことに気付いたが、横道に逸れそうなのでパス。

この手の予測や真相の究明、認識、推理などは、実は数学の問題を解くことに似ている。数学の場合は定理という厳密な事実の積み上げと応用によって解が得られるだけで、基本的アプローチは一緒。ある種のパズルもデータ、すなわち問題から本質を見抜き解を得るのでやはり同種ということに気付いた。情報公開ゲーム、すなわち碁や将棋、フリーセルなども本質はそれに近いように思える。

ということで、昔作った自画自賛しているパズルを思い出したので紹介する。確か大学院生の時に作ったもので、後年、会社で何人かに見せて解かせたことがある。元の会社は暇な時は暇で、かつその期間がとても長い。その時は二人が解に至った。単なるめくら算だが、1から9まで全ての数字を使いかつ形が美しいのが自慢。演出も良い。そして何より試行錯誤ではなく、問題からパターンと真理を発見することにより解けるというのがミソ。

(手も足も出ない方向けに解答編もあります。記事の下の「CO(0)」をクリック、コメント欄が開きますので、メアドを記入の上、Secretの行にある「管理者のみ表示」の左の□をクリックすると非公開メールがこちらに届きます。タイトルに「解答編請求」とお書込みください。)

大三元
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック