風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

長寿台風記録更新へ

台風5号は現在中心気圧と勢力が衰え、近畿地方に上陸する頃には同980HPaと並の台風になっているという予報。台風の通過に伴い大雨や暴風は避けがたく、通過地域の方々には迷惑だろうが悲惨な被害は避けられる見込み。という状況なので台風5号余話を。下図は国際宇宙ステーションのロシア人乗員がアップした台風5号の8月1日中心気圧930HPa時の画像。  
20170801台風5号

先週一部のモーニングショーでも取り上げていたが、この台風、これまでの台風の長寿記録を書き換える公算が極めて高くなった。台風の寿命は平均5.3日ほどと意外なほど短い。台風5号は7月21日9:00に台風に変わったのですでに16日間以上を経過ししている。
台風5号誕生の瞬間 2017-07-21-09-00-00-large.jpg

気象庁の資料によると、これまでの最長記録は1986年の台風で、19.25日。ただし、熱帯性低気圧の期間を含むので、実質的には2位の1972年の台風19.00日が最長である。現在、9日21時時点で青森県付近に中心が位置すると予想されていることから、この記録を塗り替える可能性が極めて高い状況にある。今年は藤井四段とか白鵬とか過去の記録の更新が目立つが、そこに台風も入りそう。なお、台風番号の8614は1986年の台風14号という意味で、番号というより日本語ではラベルという方が正しそう。
長寿台風

参考までに過去の1-3位の長寿台風の通過経路がこちら。いずれもウロウロ、ノロノロ進んではいるものの日本本土には上陸していない。その意味でも新記録。
1位 1986/8/18発生 T8614.png

2位 1972/7/7発生 T7207.png

3位 1967/8/30発生 T6722.png
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック