風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

俳句は素直に

昨日は鶴巻句会、俳句を始めた時の師匠が屁師で、その教えに付き従って来たためか、やはり師が選者の句会ではそれなりの評価を受けることが多い。成績に意味はないものの、5月に初参加以来、順位をつければ一番が続く感じ、悪い気はしない。今回の六句も特選を含む五句入選。ここに来ると素直になれるのが良い。

初秋の空に水脈曳く村十戸
枝豆や雲井に漏るる月の影
手花火の落ちてひとりの山の闇
夏痩せの身に夕暮の水の旨し
列なして夕陽まみれの笠踊り
夕闇に潮の匂ひや花火舟
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック