風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

酒とブドウの日々

昨日帰ると、妹から送られた日本酒が2本届いていた。妻宛のメールには、「ひやおろし」が出たので買いに行ったら限定品の新酒があって、限定品に弱いので「50本限定」のお酒も買いました、とあった。それが「天覧山純米15度生貯蔵原酒」。早速こちらを開ける。

美味しそうだからといって、妻が日本酒用のグラスを取り出してきて、おちょこと飲み較べた。長女が以前に買ってくれたもので足のない高さ10センチほどのワイングラスのようなもの。おちょことの大きな違いは口にした時の容器の厚さ。日本酒グラスは極端に薄く、そちらで飲んだ方がずっと美味しい。ワインには最適なグラスというのがあって、グラスによってびっくりするくらい味が異なる。高級グラスを使えばいいというものではなく、それに安いワインを入れてもかえってまずくなるが、他のグラスを使うとそれなりに楽しめる。逆もまた真。キザっぽいのではなく、信じられないかもしれないが、誰でもわかるぐらいの違いが生じる。

さて下図が同封されていたそのチラシ、HPに画像を取りに行ったら貼ってなかった。五十嵐酒造のお酒に関してはこれまでも何回か書いた。いいお酒を丁寧に作っているのにこの辺が営業的に甘くて惜しいよな、と思う。蔵元だけでなく、HPからでも買えるのだから。
五十嵐酒造201709-3

HPにはこんな記事も載せていた。気のせいではなく世間でも認められているのだろう。
五十嵐酒造201709-1

夕食前に山形の親戚から宅急便でブドウが届いた。お中元のお返しのようなもので毎年いただいている。今年は、いつものシャインマスカットとピオーネに加え、新顔の「高妻」が入っていた。
ブドウ201709-2

何だろうと思い検索。

果粒は17g~20g、最大22gに達する極大粒。果形は短楕円形。糖度18~21度と高く、酸味少、香気フォクシー、果汁は多く、食味はまろやかで、コクがあり、肉質はすばらしい。果皮は紫黒色。 本種は、長野市山超幸男氏が「ピオーネ」×「センテニアル」を交配育成した品種で、秋田県伊藤氏園において選抜した優良系である。だそうだ。よくわからないのでもうひとつ。

超大粒の短楕円形品種。ボリューム感と旨さの最高のハーモニー。ご贈答にも満足の、立派な外観をした逸品です。 味はまろやかでこくがあり、肉質がすばらしい肉感的な葡萄です。大変甘くて果汁が多く、酸味がほとんどありません。甘味は巨峰よりさっぱり味で後味まろやか!フォクシーフレーバーがあり、お口直しのデザートにぴったりです。まあ、そうかな。一言で言えば香り豊かで甘くて美味しい。
高妻

しばらくはお酒とブドウがたっぷり。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック