風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

秋天の稔田

今回は特別なミッションを携えた山荘行、快晴の日曜日の朝に出発したにもかかわらず関越道の渋滞はなかった。車のいない秋天の高速道路走行はまさに快感。右下の写真、テーブル状の三峰山が見えれば水上ICまではすぐ。その右に小さいながらも顕著な三角形をした山がある。あまりに目立つので以前から気になっていたのだが、戸神山(772m)ということが今回初めて分かった。群馬県百名山だそうで、山頂は360度の展望だそうだ。そりゃあそうだろう、ピラミッドのてっぺんみたいなものだから。
 20170924-2.jpg

水上ICで降りると谷川岳がくっきり。
20170924-3.jpg

約束の3時まで少々時間があったので車で明川に下りた。棚田は金色の、稲がもう頭を垂れている。9月でこんなに稔るんだと再認識。でも去年のファイルを見ると9月27日に同様の稔田の写真を撮っていた。記憶から消えていただけらしい。ただし、2015年は10月12日が初の稔田の写真なので、稲刈りイコール10月イコール金色の稔田という理解も正しい。
20170924-5.jpg 20170924-6.jpg

ごちゃごちゃ書かなくてもとにかく気持ちいい天気。
20170924-9.jpg

耕作の放棄された荒れ田では赤まんまが大豊作。
20170924-7.jpg 20170924-8.jpg

久しぶりにいつもお世話になっているインプレッサの雄姿を撮ってあげる。現在約4.4万キロ走行。
20170924-10.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック