風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

雀の死

先日の台風の風で傾いていた屋上の鉢を立てなおしたら何かが落ちた。雀の死骸だった。外傷らしきものはなく、一方巣でもない木の枝で老衰で死ぬとも思われず死因は不明。飢え死にで力尽きて死んだとしたら哀れだが見かけはふっくらしている。
20171102.jpg

思えば山荘の庭でアカゲラが同じように死んでいたことを思い出した。2年前の5月8日だった。この時も不自然に地面に横たわっていた。このアカゲラは以前より何回か見かけたことがあり、少々親密感もあったので丁重に葬った。もしかしたら鳥はこのように突然ぽっくり死ぬ運命なのかもしれない。家族がいたら家族にとってのその死様は悲しすぎるが、本人にとっては幸せな死に方。
20150508-1.jpg

雀はたくさんいるのでこの雀に対して特別の情はないのだが、行き倒れのような死様はやはり哀れ。玄関前のわずかな地面の赤い椿の根元に埋葬、般若心経の一節を唱え冥福を祈った。「カンジーザイボーサツギョウジンハンニャ―ハラミタジー、ショウケンゴーオンカイクウドーイッサイクウヤク、シャーリーシー」。「五蘊皆空度一切苦」、そうだよな。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック