FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

三浦大知紅白初出場

今日の朝刊に、今年の紅白歌合戦の出場歌手計46組が発表されていた。タイトルに「」が付かないのは今週の初めに大地初出場内定の情報があったそうで、我が家ではすでに盛り上がっていたから。今年はテレビへの露出が春頃より次第に目立つようになり、夏から秋にかけては各局争奪戦の様相も。多分、NHKでの検討状況が漏れていたのだろう。昔から紅白に出場できたらいいのにね、と話していたので今年は、という期待感があった。だから今年初めて紅白歌合戦の入場券に応募したという。100倍ぐらいの倍率らしい。

妻が8年前ぐらいからのファンで、妻に誘われ始めていったライブが6年前の東京ドームシティホールのスタンディング。その時は舞台のセットも質素というか超の付く貧弱さで、音楽はDJの流すCDという時代、人気もまだまだで若い女性達のなかで浮きまくりの熟年夫婦だった。妻が一人で行っていた頃はさらに規模も小さく、ひとり年齢がかけ離れていて目立っていたらしい。知らない若い女性に「前も来ていましたよね」と声をかけられたことがあったと言う。

以来、数えてみたら16回彼のライブに行っていた。ブログというのはとても便利で、「三浦大知」で検索するとその単語の入ったブログ記事のリストが一瞬で出てくる。記事の中に、「これで9回目」という記載があったので16回とわかった。昔は「三浦大知、誰?」という時代で無料ライブというイベントも頻繁に開催され、雨の大井競馬場に行ったこともある。場内に小さな舞台が作られていて、シッキンのメンバー4人と狭い舞台で踊っていた。雨にもかかわらず観客は100人以上はいた。

エンターテイナーとしての実力は桁違いなので徐々に人気がでてきたが、それでも公演数は少なく、地方に観に行ったことも数回、仙台、大阪、新潟、出雲。大阪と新潟は訳あって日帰りだった。妻は以前からそんなライブに行っていて、「バカじゃないの」と内心思っていたが、自分もやってみると納得。体験したことのないこと、知らなことに感想を述べなくて良かったと、少し学習した。

一昨年6月7日豊洲Pitに行った。後日その日のライブがニコニコ動画で放映されるという情報を妻がどこからか入手、我々が映っているというので録画してあった映像を見た。スタンディングの前から3列目とあって、けっこうしっかり映っていた。

今ではチケットの入手もままならないらしい。あちこちで三浦大知が、と言っても「誰それ?」という反応しかかって返ってこなかった時代から歌手としての頂点に立ったわけで、まるで成長ものアニメの中にいるような感動をちょっと覚える。

と、紅白初出場に付き簡単に回想。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック