FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

半世紀という時間

今日は城西支部の句会に後に忘年会。ただし、飲んで食ってという普通の忘年会ではなく、日本で無数にある句会でも多分初めてではないかという企画が会員全員の同意を得て実行された。

城西も数多の句会と同じく高齢化が進みかつ女性が多い。そこで、男性も含め、各自18歳以上の時に撮影された自選2枚の写真を持ち寄り、写真屋さんでくれるアルバムにランダムに挿入して番号を振り、回答用紙に1番は誰、2番はという風に名前を書き入れるという趣向。正答率の高かった1位と2位にそれぞれ副主宰と無鑑査同人から色紙が、一番誤答を多く得た人と少なかった人に、支部長からそれぞれ「変わったで賞」と「変わらないで賞」が授与される。

だからどうしたという感じだが、これがびっくりするほどわからない。平均正答率は6割ぐらいかと思う。15人参加したのだが、本人ともう一人しか正答者がいなかったお姉様さえいた。

参考までに下の画像が私が提出した写真。自分以外に28票あるわけだが誤答、すなわち他の男性(といっても3人しかいないのだが)と間違えた人が延べ11人いた。これが平均的結果。自分では変わらないと思っていても知らない人から見れば別人らしい。誰、これ、というので忘年会は当然ながら盛り上がって騒然のうちに時間切れ。

思えばどれも概ね半世紀前の貴重な画像。せっかくの写真なので、女性陣の写真を預かり、同じ顔の大きさのポートレートに編集して「城西美女図鑑」を作ることになった。半世紀という時間の重さをしみじみと実感するとともにおバカな句会って幸せかと思う。支部長に感謝。
城西1   城西2




関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック