FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

2017年末決算

年初のお楽しみの年末決算、作業は終えていたのだがアップ作業を忘れていた。この作業は1999年、オスロから帰国した47歳の時から毎年続けているので、これだけ続けていると金融資産の移り変わりがビジュアル見えて面白い。毎年増え続けるわけではなく、2008年のリーマンショックの年は前年比1000万円近く減り、運用成績により悲喜こもごもの歴史が綾なしているが、基本的には増加傾向にあり、定年となった2012年末に残高が大幅増、さらに1年間再雇用で働いたおかげもあって2013年末が最高となった。ブログを書き始めた年であり、9月から職業欄に「無職」と記すようになった年でもある。

実額の推移を記すのは日記とはいえ人様の眼に触れブログの記載としては上品さに欠けるので、その無職となった13年の年末からの残高の推移を図にしてみた。2013年末を100として指数化してある。翌年以降の所得は年金とかアルバイトとかの収入だけ。そんな収入だけでは必要な生活費を賄えないので、金融資産残高から取り崩してゆくことになる。資産の減りゆく様を鑑賞するという若干悪趣味な趣向だが、自分のことなので誰かに非難される恐れはない。

それにもかかわらずわずかながら14年は増加している。これはアベノミクスのおかげ。その後はリスク資産をかなり処分し、積極運用からも遠ざかったので資産残高は減る一方。その割に、減少比率は意外と小さく、4年間の合計で7%だった。元気にお金を使えるというのは幸せなこと、こんな生活ができるのもせいぜい健康寿命のうちだけ、と思って、節約意識など皆無な生活態度の割にこの程度の減少率で済むなら上出来。

この分なら80歳まで現在と同様の毎日を暮らしても何も問題ないようだが、あと5-10年先にはお金を使いたくても使えなくっているのだろう。
金融資産残高推移2017末
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック