風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

初スキー

今朝のキノコ 

今シーズン初めてのスキー。昨年が一回、一昨年が二回しかスキーに行かなかったから、多少恐る恐るの感があったが、久しぶりもかかわらず、3本目でほぼ快調な滑りになった。「体幹スキー」を習ったのが3年前だったか、意外としっかり身についていたらしい。

そうはいっても体力の衰えが著しい。今や、すっかり安全スキー志向で、いかにスピードを殺して雪面をなめるように滑るかを目指している。スキーというのは力を入れずに滑れば体力を使わずに済むが暴走する。逆にスピードを抑えるためには力を加えねばならない。スキーの滑降や回転はいかに無駄な制動をしないかを競う競技でもある。数年前ならその制動もたいしたことはなかったのだが、今回はやたら疲れて、クアッド一本を滑るのに2回ぐらい休んではハーハーゼーゼーしていた。そんな常態だから午前中は8本、午後は6本という常態。まあ、シーズン最初というせいもあるかもしれないが。

とはいえ、午前中は薄雲がかかっていたが、お昼からは快晴。第9クアッドの終点の頂上からは谷川岳から北へ伸びる国境稜線の山が一望。カメラを持たなかったので、1回しか行かなかった去年に撮影した写真で代用する。
20170102-3 (2)

頂上には飲み物の自販機が置いてあるだけの「スカイラウンジあさひ」という実にもったいない施設があった(画像は2014年撮影)。ここが今年から「スカイテラスあさひ」と改名し、中に小さな軽食を出す設備と6人掛けの丸テーブルと常駐のお姉さんがいるこじゃれた施設になった。自販機もまだ置いてあり、何も頼まなくても休めるのは同じ。ただし、自販機に缶コーヒーはなかった。注文すると300円。
P2262118 (2) P2262119 (2)

思うにスキーというのは趣味としてコストパフォーマンスが髙い。シニア(55歳以上)の一日券が3800円、お昼がペガサスライスと珈琲で1200円、それだけでこんな絶景を楽しめるうえ、スキーもできる。孫にはぜひスキーを覚えさせたい。

3時過ぎには上がり帰宅。スキー場から3キロ、車で5分で帰れるのだがケガをする前に止めた。
20180115-2.jpg 20180115-3.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック