風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

日帰り山荘

目覚まし時計をセットして置いたのだが、セットしたつもりになっただけなのか、鳴ったのに気づかなかったのか、目覚めたら8時40分。9時に出発のつもりが大幅に遅れてしまった。お昼休み前に前橋地方法務局沼田支局に着かないと、1時間待たされることになりかねないので、沼田まで法定許容速度制限内で飛ばしたら11時40分ぐらいに着くことができた。

支局に入ると、今回の件でお世話になっているNさんが先客の対応中。目で挨拶をして待とうかなと思っていたら、前件でお世話になったTさんが、すっと席を立って「登記識別情報通知」を持ってきてくれた。簡単な受領手続きをして、ようやくすべての登記手続きが完了した。帰る時「Nさん、Tさん、ありがとうございました。」と礼をすると二人ともにっこり笑って見送ってくれた。Tさんは打ち合わせ中は事務的な態度しか示さなかったのだが、今回初めて見せた笑顔だった。

4件の登記を行ったが、XX登記申請書というものがあるわけではない。登記の申請は全て「登記申請書」にて行い「登記申請書」の第一項に「登記の目的」を記すことによって目的にあった登記を行う。今回の4件の目的欄の記載を記しておく。
 ・共有者全員持分全部移転
 ・所有権登記名義人住所変更
 ・建物表題登記
 ・所有権保存

沼田支局 

手続き完了後、沼田城址公園に寄る。寄ると言っても100メートルも離れていない。沼田は雪が多い所ではないが、それでもうっすら雪に染まるとそれなりにいい感じ。
20180124-2.jpg 20180124-3.jpg

20180124-4.jpg

続いて一般道を通って山荘に向かった。最後まで今晩山荘に止まるか日帰りか迷ったが、週後半の強い冬型に敬意を表した感じ、金曜の16時にスバルの半年点検を入れたのでそれまでに帰らねばならず、大雪で閉じ込められるリスクは避けることにした。一方、寒気のピークは今日24日なのだが、雨雲レーダーでは午後まで天気は持ちそうなので、沼田まで来ていることだし寄ってみることにした次第。

先週からたいした雪は降っていないのか、藤原に入っても気の抜けるほど雪は少なく道路は黒々。さすがに宝川温泉の分岐より先は、道路に雪が圧雪されて白い道だがやはり雪は少ない。が、家の入口は20-30センチの新雪が。私道なので町は除雪してくれない。いくら4駆のスタッドレスでも突っ込むのはイヤなので、町道に路駐して山荘に向かった。

先週来の降雪が少ないため、駐車スペースには地面が一部むき出しになっていた。少量の雪なら十分機能するようだ。お湯の流路の水平がいい加減だったので流れが偏っているが、一工夫すれば来年はもっと役に立ちそう。
20180124-5.jpg 20180124-6.jpg

部屋の温度は一度、早々に退散して帰路に向かった。関越は渋滞もなくよく流れていたが、都区内がなんだか知らないが大渋滞。料金所を出たのが16時20分ぐらいだったが、家に帰ったのは18時だった。

夕食後、なんとなく喉が痛いし熱っぽいので体温を測ると37.4度、軽い風邪らしい。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック