風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

今シーズンの雪

東京の雪、降ることは降ったが何の影響もない程度で終わった。先週ふった20センチの雪の残りの方がはるかに多い。今日は妻がシンガポールから帰ってくるので、交通への影響は想定されずひと安心。

今年さぼっていた藤原の積雪推移の現況を確認する。年末から年初にかけてまとまった雪が降ったものの、その後は小康状態、先週3回目の大雪となったが、現状は昨年並み(黄色のプロット)。図の赤線は観測史上最高の積雪を記録した2005年から6年にかけての冬の記録、3メートルの積雪を記録し、豪雪地帯でも数の限られる3メートルクラブの一員に昇格した。一方、青は多分観測史上最少の年で2015-6年。自然は実に気まぐれだ。
201802積雪深推移

さて今年、また大きな寒気団が南下しつつある。4日12時の5000hPa等圧面の気温分布によるとふっくらした形のかなり大きな寒気団。6日頃から地上の気圧配置が強い冬型になる予想で、この寒気団がさらに東進南下するようだと、来週は大雪になるだろう。来週は久しぶりに山荘に行くつもりだったが、他の事情もあってまたパスすることになりそうだ。
20180204高層
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック