FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

さっぽろ雪まつり(1)

ビジネスイン ノルテの入り口。なんとなくセンスがいい。前日チェックインした妻が感動していたのが朝食、なんとコンチネンタルなの!と驚いていた。確かにアパホテルでも朝食はなんでもありのビュッフェだったが、ここはほぼ正統派のコンチネンタル、20年前の大陸の二つ星ホテルでお世話になった時以来かと思う。サラダが付いているのが画竜点睛を欠く感じだが、あとはパンのビュッフェとジャムとジュースとコーヒーか紅茶。ここまですっきりしていると気持ちがいい。
20180205-2.jpg

朝食後、義理の母の入院しているホテルへ、その後義理の兄の入院している病院へ。
20180205-3.jpg 20180205-4.jpg

お見舞いを終え、昼食に札幌名物というスープカレーなるものを食す。妻は北海道生まれで北海道育ち、知り合いにスープカレーって美味しいと言われたが知らないと答えてあきれられたとかで、是非一度食べてみたかったという。確かにお店がたくさんあるようで、タブレットで4つ星のついた店に苦労してたどり着いた。昼をだいぶ回っていたが、若い人でお店は混んでいた。なんだかわからないのでこれとこれ、と注文したら、一番左がスープの説明で、その右のカラムが加齢の種類の選択、三番目がトッピングの選択、4つ目は忘れた、という仕組みで発注するのだという。が、発注してもカレーなのになかなか来ない。待たされてきたのがこちら。どう見ても美味しそうに見えないが、見かけに間違いはなくいくら人気があると言ってももう食べなくて良い。
20180205-6.jpg


その後時間があったので、今日から始まる「さっぽろ雪まつり」を見に大通公園に行った。雪祭りは2回目、初めて行ったのは多分10年以上前だ。初日ではあったが、思っていたほど人であふれかえっているわけではない。とりあえず一丁目から順番に見ることにした。混雑を予想してか順路は一丁目から十二丁目に到りまた一丁目に戻る一方通行路になっている。その間大雪像は6基、他に中雪像、小雪像、そして膨大な数の出店が並ぶ。なんでも今年は第69回目の雪まつりだそうだ。氷の壁で囲まれた喫煙所などもあってなかなかオシャレ。

とりあえず暗くなる前まで一通り見て歩いた。前回は吹雪だったので、雪が斜めする印象しかないが、今年は暖かく印象鮮明。しかしそれは誤解、暗くなってから再度訪れたのだが夕方とは全く違った世界が待っていた。(続く)
20180205-11.jpg 20180205-12.jpg

20180205-13.jpg 20180205-14.jpg

20180205-15.jpg 20180205-16.jpg

20180205-17.jpg

20180205-18.jpg DSC_4991 (2)
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック