FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

帰宅の途へ

スキー三昧も昨日で終わり、明日は三連休の終わりとあって関越の渋滞が予想されるのと、大雪になると面倒なので今日帰ることにしていた。今回も結構強くて大きな寒気団が南下してきている。さらに地上天気図もちょっと見には強い冬型、やはり大雪を警戒したくなる。ちょっと違うのが地上天気図、本州の真上に高気圧の尾根ののような部分がある。気象情報のお姉さんも今回はあまり大雪だとはしゃいでいないのはこの影響か。ちなみに高層天気図、地上天気図とも今日の12時時点のもの。
20180211高層 20180211.jpg

そしてこちらが9時ごろの空。昨夜から雪はほとんど降っていない。時折風花のように雪が落ちてくるが、気温がプラスのせいか、車の上に積もることはなく溶けてしまった。


帰る予定だったので天候にかかわらずお昼過ぎに出発した。帰る前に重力式温泉融雪システムの効果を記録。降雪量が多くなかったので、7日の到着時でも融雪システムは十分機能していた。その後雪を削って駐車スペースを拡幅したので帰る時には結構広くなっいる、写真ではよくわからないけれど。
2月7日16時頃20180207-11.jpg

2月11日12時頃 20180211-2.jpg

天気が良いのと昨日今日と気温が高いせいか、町道も県道も雪が無く、まるで春の道路のように路面が黒々と露出していた。2月の中旬でこんな春の終わりのような道路状態はじめて、ちょっと心配して損をした気分。

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック