FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

天災と人災(3)

11日のNHKの東日本大震災の特集で、震災の記憶の風化を防ごうという個人レベルのささやかな活動の紹介もあった。人間というものはどんな辛いことがあっても時間と共に、慣れて飽きて忘れてしまう。そのためにもこの震災の生々しい記憶をしっかり永遠に人々の記憶に刻むために、国として震災遺構をきちんと保存しなければならなかった。原爆ドームがいい例だろう。何十年後かに起きるかもしれない、もしくは他の地域で明日にでも起きるかもしれない津波に対するリスクが目に見えるということは、将来の犠牲者を最小化するのに何兆円の防災費に匹敵する効果がある。

ということを昨年の6月に書いた→こちら

現在、震災遺構を保存しようという動きはあるし、実際荒浜小学校は現在遺構として公開されているらしい。この荒浜、家で津波被害の報道をリアルタイムで見てゐた時、注目していた地域でなので記憶にまだ鮮明。その時の資料は壊れた前のパソコンの中なのが残念。

ただ遺構としてのインパクトは上述のブログで記した「共徳丸」と「はまゆり」の方がはるかに大きい。当時の政府関係者や地元国会議員を裁判にかけて不作為の責任を問えたらと本気で思う。

第十八共徳丸1 はまゆり1
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック