風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

赤羽GCの練習場

昨日のオスロ会ゴルフコンペ、なんとなくの不安が現実化して、初めから違和感がたっぷり、いきなりのダボスタートで、スイングはバラバラ、パットもりきむせいか3パットが6回もあった。結局100を切ることができずBBと悲惨な結果に終わった。優勝の次の大会でBBというのはこれで2回目。偶然ではないのだろう。

今日は花見という気分にもなれず、午後から赤羽GCの屋外練習場に行ってきた。インドアとコースの最大の違いは外的環境。インドアだとボールしか見るものはないが、コースでは目に大量の映像が映り、かつ余計なことをいろいろ考える。そこで、練習も屋外の、しかもコースと同じような環境で練習すれば、少なくとも外的要因の影響を削減できるのでは、と気が付いた。その点で、ここ赤羽GC窮すれば人は考える葦になる。

練習場に行く前に浮間公園で花見兼の遅めのランチ。JR浮間船渡駅からGCへ行くにはこの公園を抜けるので親しい。桜の樹もあるので、わざわざ出かけるような場所ではないが、ランチを食べるにはちょうどいい。


平日の午後ではあったが小さな子供を連れたお母さんたちを主にそこそこの賑わいだった。
20180328-3.jpg 20180328-5.jpg

この練習場、コースに隣接していて、気分としてはコースにいるのと同じ。また距離も最大240ヤードと地下室のインドアの5ヤードは大違い。2時間打ち放題で2200円と西原の練習場と較べて格安。平日の午後なのに8割がたは埋まっていた。夕刻のハーフもいいが、練習が目的ならこちらの方がずっと効果的に違いない。
20180328-11.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック