FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

花行脚2018-武蔵野

連日桜のニュースが流れ、さすがに気分もそわそわ、今日は何も用事がないので、都心より少し花が遅れるので今が見ごろではと思い、武蔵野方面へ花行脚に出かけた。何より、ICU(国際基督教大学)の桜を記録せねばならない。

我家には娘が二人いるが、キリスト教徒は縁もゆかりもないにもかかわらず二人ともICU高校、ICU大学卒業。オスロ駐在中に長女の高校入試の時期となり、ICUが帰国子女をたくさん取るというのでICU高校にも願書を提出、書類審査と簡単な作文で合格した。次女も帰国子女の権利を行使して同様にICU高校へ。ICU高校とICU大学は経営的には無関係なのだが、推薦の枠があり、おかげで無試験でICU大学となった次第。だからここの桜の見事さを良く知っている。なんといっても古木が一列に並び巨大な花のトンネルとなる様は都内一だろう。



20180329-2.jpg

20180329-3a.jpg 20180329-4.jpg

続いて都立武蔵野の森公園へ。途中に野川をわたる。野川はコンクリートの護岸がなくまるで昔の田舎の小川のように草の土手になっている。公園で食べようと思いセブンイレブンで買ったハムカツサンドとポテトハムサンドのランチをここで食べた。一瞬自分が今どこにいるのか忘れてしまう。

20180329-5.jpg

武蔵野の森公園は川からすぐ。が、名前は素晴らしいが殺風景な広場があるだけで桜らしいものもなく大外れ。

そこから少々歩くと都立野川公園の正門に着く。しばらく行くと広場があって満開の桜に出合った。都立公園とあって随分と広く、あちこちに桜があるが、まあ愛でる価値があるかなと思われるのはこの一角だけ。
20180329-6.jpg 20180329-7.jpg

公園は東八道路をまたいで北側にも広がっている。北門を出ると道路の反対側が都立武蔵野公園。この辺りには都立公園が3つもある。ただしここは公園と言っても野川沿いの緑地といったイメージで桜には見るべきものはない。それでも緑がいっぱいでそれなりに春の野辺的雰囲気は楽しめる。
20180329-8.jpg 20180329-9.jpg

次が都立小金井公園。ここは桜の名所の一つらしく少々期待。歩こうと思っていたが、偶々タクシーが来たので拾った。小金井公園まで1080円。所詮たいした距離ではないのだが、午後を大きく過ぎていたので時間の節約。この公園は巨大で面積は80万平米、大きさがうまくイメージできないだろうが、80ヘクタールまたは200エーカーと言ったらよけいわからないか。公園の北側に隣接しているのが小金井CC、日本で一番高価な会員権価格のゴルフ場。

タクシーは西門に付けた。入り口を抜けても桜が林のようになっていて期待していたほど華やかではない。更に奥に進むと、週末の桜祭りの会場の広場に出た。ここがメインらしい。よくある桜の公園といった風情だが、平日の午後にもかかわらず老若男女の人出が凄い。武蔵野一帯では一番の桜の名所なのだろうか?
20180329-10.jpg 20180329-11.jpg

20180329-12.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック