FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

競馬必勝法

競馬の祭典、第85回日本ダービー(東京優駿、G1・芝2400メートル)は27日、東京競馬場で3歳牡馬18頭が出走して行われ、5番人気のワグネリアン(福永祐一騎手)が2分23秒6で優勝した。2015年生まれのサラブレッド6955頭の頂点に立った。2着は4番人気の皐月賞馬エポカドーロ。1番人気のダノンプレミアムは6着だった。ワグネリアンは父ディープインパクト、母ミスアンコール、母の父キングカメハメハ。 
201805ダービー

日曜日は日本ダービー、今は中継を見ることもなくなったし、競馬自体に関心もないが、学生時代からしばらく、多分バンコクに駐在するまでは馬券を買っていた。学生時代に馬券を買えたのは奨学金のおかげ、私立の大学院に行っていたので毎月確か6万4千円もらっていた。

だから今でも新聞でG1レースの結果に目をやることがたまにある。今回のダービーの結果は上記の通りだが、瞠目したのはその結果、馬連は5番人気-4番人気で、配当は7950円。

3年前に「5番人気」というタイトルでこんな記事を書いていた→こちら

主旨は、配当と人気は「完全に」比例するわけではないので、そのバイアスが大きなところを狙えば必ず儲かるというもの。先の記事は単勝についてだが、連複では4番人気-5番人気だった。まさに今回の結果。

もう一つ重大な真理がある。馬連で言うと馬券は普通複数買う。頭流しでも3点買い、4点買いでもいいが、3-10枚買えば当たる確率が増えるから。しかし見方を変えると2-9枚の外れ馬券を買っているのと同じ。

というわけで、必勝法は4-5番人気の組み合わせを1枚だけ買うこと。当時の研究結果では40-50回に一回ぐらいで当たるという統計結果だったような気がする。配当は確か全て4000円を超えていた。今回の配当は7950円だから、少なくとも3年間、G1レースを買い続けた人は報われたことが証明されたわけだ。が、簡単な必勝法はわかったものの実行はしなかった。いくら継続は力なりで続ければプラスになるとわかっても、やはり49回負け続けるのは精神衛生上好ましくないし、何よりも面白くないから。


関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック