FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

生涯現役時代としあわせな人生

生涯現役時代という言葉、最近目につくようになった気がするが、さすが厚生官僚、いい言葉を思いつくと感服する。

現在、高齢者が希望すれば原則65歳まで働けるよう企業は義務付けられている。もちろん希望しなければいくつで辞めてもいい点では昔と同じなのだが、60歳を過ぎても働き続けている人は多い。61歳で会社を辞めた自分としては、この現実は驚きだった。正確には60歳で辞めるつもりだったのだが、誰に相談しても働けるなら働いた方が良いというので、1年間働いてみたもの。仕事は面白かったし、やりがいも十分あったし、給料も減ったとはいえ世間平均からみれば少なからぬ額を貰っていたから、会社に行くことがイヤで辞めた訳ではない、念のため。

それが、今や政府は「生涯現役時代」名づけ、企業で働ける年齢を70歳に引き上げることを検討するらしい。雇用は企業の努力目標とする方向とはいえ、事実上はいつでも辞められるのだから反対する人はいないだろう。テレビで誰かが、そのメリットとして、個人の経済的理由に加え、会社に行くことによって社会とのつながりが維持され、それが健康にも良いと解説していた。

また、年金制度でも公的年金の受け取り開始年齢を、70歳超にすることも可能にするそうだ。70歳超を選んだ人は受給額を大きく積み増され、老後資金を確保しやすくなるらしい。これも可能ということは自分で選択すればいいので反対する理由はない。

背景は社会保障費の大幅抑制、年金の給付を遅らせることができるし、働いてくれれば年金基金は増える。、医療費抑制にもつながるだろう。少子化による労働力不足の補充にもなると聞くと、Win-Winケースの妙案であるのは確か。

しかし、それで人間は幸せか?という大きな疑問符の雲が沸き上がってしまう。という背景が健康寿命。ちと古い資料だが、男性の場合、この図では健康寿命は70歳ほど。平均寿命が0歳児の平均寿命であるように60歳の、もしくは65歳の健康寿命は現在73-4歳だろう。ちなみに非健康とは「日常的・継続的に医療・介護に依存し、自分の心身で生命維持、自立した生活ができない生存期間のこと」と結構な重症状態をいう。現在66歳で体力の衰えを日々実感している中、70歳まで働くとは、非健康ではない生活を3-4年楽しめればそれで良しということになる。

また、会社に行くことによって社会のとのつながりというのも情けない話で、またそれだけ長く会社に居れば頭はより会社人間になり、精神的に豊かな生活とはほど遠い世界に暮らすことに・・・というのも余計なお世話か。
健康寿命

健康寿命については1年前にも記したのでお暇な方はどうぞ→こちら

人それぞれ固有の生き方や事情があるので、生涯現役が悪いわけではないし、誰にも迷惑をかけないので余計なお世話であることはわかっている。だからこの部分は若い人向き、自問する価値は十分あるよというのが61歳で辞めた人の独り言。

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック