FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

宝川

中央通りの運河から西側に500メートルほど、観光客もいない暗い道を行くと田中酒造本店がある。妻の兄が以前小樽の高校の物理の先生をしていて、兄がそこの「宝川」が旨い、と妻に話していたそうだ。その後、何かの折に、本店限定販売の「宝川」を飲んだら本当に美味しかった、というのが訪問の動機。

店はすぐ分かった。この建物、1927年に建造されたもので、小樽の「歴史的建造物」に指定されているそうだ。蔵も1899年(明治32年)に創業された古い蔵で、現当主は四代目、北海道の酒造りは小樽から始まったと言われているとか。
20181228-21.jpg

店の中のデコレーション。
20181228-16.jpg

店の中には先客が一組、店のお姉さんに試飲できると聞くと、売り場と仕切られた試飲室に通された。他に客もいないのでおちょこに三分の一ぐらいにしてもらって順番に飲み較べる。2本買って帰るつもりだったが確かに美味しいお酒だったので3種類買った。

左は冬季限定の純米大吟醸の辛口、冬季限定品は3種類ある。右が本店限定の「宝川」、ラベルは復刻版だそうだ。中の偉そうな黒い瓶が普通の純米大吟醸。3本で7115円だった。帰って、昨夜は本店限定「宝川」を開けた。2265円と4合瓶としてはちと高級品。主張がないのに旨いお酒で、酒の肴がいらないお酒だけで飲める酒。ワインも日本酒も美味しいものにめぐり合わせると本当にしあわせ。
20181228-19.jpg
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック