FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

仏様の値段

先日、この記事に目が止まった。201903象牙年代証明

環境省は22日、国内での象牙取引について、7月から合法な売買であることの証明を厳しくすると発表した。個人や法人に対し、象牙が捕獲された時期を科学的に証明する資料の添付を義務づける。国際取引が禁じられた1990年より前に輸入された象牙であることを証明できないものは違法とする。象牙取引は海外から批判されており、管理を厳しくする。(中略)違反すると個人に5年以下の懲役または500万円以下の罰金、法人には1億円以下の罰金を科す。

我家の仏壇にはご本尊として象牙の仏像が鎮座しておられる。30年以上前のバンコク駐在中に購入したもので、いくらだったか全く覚えていないが、高いものでもなかったのも確か。仏さまを売るなど滅相もないことではあるが、何らかの事情で売却する時、義務に違反すると懲役5年以下とはあな恐ろしや、と思わず思った。そんな時代になるのなら、もしかしたらお宝鑑定団に出せるかも、とは思わないものの、気になったのがこの仏様の経済的価値というか価格。

ネットでみるとこれら工芸品の場合、概ねグラム当たり100円前後のようだった。ただし細工等によって値幅は大きな偏差がある。この仏像は160グラムだったので標準価格16000円、細工が質素なので自己評価額としては12000円ぐらいか。

これがご本尊様 

更に調べてゆくと有馬堂という骨董品屋さんのHPに当たった。そこで判明したのが記事にある象牙とは牙そのもので、象牙を使った工芸品は対象外ということだった。HPにはこうあった。
象牙の原形をとどめたものには国際希少野生動植物種登録票が必要です。ワシントン条約により象牙が輸入禁止になった1989年以前に国内にあった象牙であれば登録できますので登録票がない場合は下記に電話連絡の上、登録をお願いいたします。登録に関してご質問等ありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

象牙といえば、象牙の原形をとどめたものに決まっているだろう、というのが記者の見解なのだろうが、中には勝手に勘違いする仲間も少しはいるだろう。その象牙の買い取り価格はこんな感じ。小さいものほど安いが、グラム当たり10円から20円ぐらい。ちなみにグラム当たり、金が5000円、銀が60円、銅が70銭ほど。密猟者の象牙の売値は確実に日本での売値の半値の5-10円以下なので、そんな値段のために殺されるゾウはやはり可哀想と思わざるを得ない。では、金と同じ5000円だったら可哀想ではないのかと問い詰められると、ちょっと複雑なので黙秘。
201903象牙価格
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック