FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

花粉症の発症メカニズム

身の回りに花粉症の人は少なくない。幸い花粉症ではないが、いくつになっても突然発症することがあると聞いているので、ご同情申しあげるとともに、他人事ではないよなと多少の関心はある。先日、ノバルティスが花粉症の新薬として画期的な抗体医薬「オマリズマブ(一般名)」を開発したという記事が日経新聞に掲載され、そこに花粉症の発症メカニズムがわかりやすく説明されていた。花粉症の人にとっては常識なのかもしれないが、新鮮な情報だったのでメモしておく。

ヒトの体はウイルスや細菌などが侵入すると免疫反応を生じる。ここまでは誰でも同じ。花粉症の人は、花粉をそれらと同じ異物と判断し、花粉が鼻の粘膜などに付着すると、免疫細胞は「免疫グロブリンE(IgE)」というたんぱく質をつくる。よくわからないが、花粉症の人とそうではない人の差は、このIgEの生産能力の差なのかもしれない。IgEは粘膜の下などにある肥満細胞(マスト細胞、肥満といっても太ることとは無関係)の表面に付着する。IgEが表面に結合した肥満細胞は、再び花粉が侵入した際に素早く免疫反応を起こせる状態で、言い方をかえれば、アレルギーを起こす準備が整ったことになる。この段階では花粉症は発症しない。
花粉症1

花粉が再び体内に入いるのを合図に、IgEの結合した肥満細胞は様々な物質を大量に放出する。神経を刺激してくしゃみや鼻水を出させるヒスタミン、花粉の侵入を防ぐため血管を膨らませて鼻づまりや目の充血を起こすロイコトリエンやトロンボキサンなど。これらの物質に体が反応するのが花粉症。花粉を繰り返し吸い込むと、鼻の中で炎症が起き、さらに過敏な状態になる。
花粉症2

現在の花粉症の治療薬はヒスタミンの働きを邪魔したり、神経や血管への働きを抑えたり、アレルギー反応による炎症を和らげたりするもの。これに対し、抗体医薬「オマリズマブ」はIgEが肥満細胞と結合することを妨げることででアレルギー反応そのものを止め、発症を抑えることを狙っているそうだ。

ノバルティスは世界に先がけて日本で製造販売承認を申請しており、2019年秋にも医療現場での使用が可能になりそうだとか。インフルエンザに対するタミフルみたいに花粉症の救世主になる予感たっぷり。どうも体が鈍感で花粉を異物と感じないためIgEができないようだが、来年発症しても被害は少なそう。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック