FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

藤原アメダスの消雪日

昨日18日の午前中に藤原アメダスの積雪深がゼロとなった。少なくとも積雪深観測ポイントの雪が消えたことになる。積雪深の日データはその日の最大積雪深をもって積雪深とするので、記録上は19日、すなわち今日が消雪日。今年の積雪深の推移は下図のように、ほぼ昨年並みだった。白が平年値なので、雪が少なかったシーズンに感じていたが平年並みだったようだ。
2019積雪深推移

4月20日朝の大芦 20190420大芦

4月19日の雪解達成、早いような気がしたので実際はどうだったのか調べたのが下図。オスロから帰国した1999年以降のシーズンについての観測値。4月1日を基準にしているので、実質30までは4月の日付と思って良い。これを見ると概ね4月中旬から下旬までに積雪は消えていた。だから4月19日というのはまさに普通の中でもど真ん中だった。きっと大雪の年の印象が強いのでそう思い込んだのだろう。

一方、ここはアメダス観測点より標高が100メートルぐらい高く、かつ尾根の上なので観測点より雪が多い。それゆえアメダスの観測結果よりも雪解けが遅いはず。それゆえ、いずれにしろ雪解けは観測値よりは遅い。

雪がなくなると青いビニールシートで冬囲いした菰巻きの紫陽花が蒸れてしまうと心配したのだが、思えば多少の余裕はありそう。今まで雪解けの観測日と庭の雪との相関を考えたことはなかったが、来週もしくはGWには訪れるので、どのぐらいの差があるのかちょっと楽しみ。
消雪日

関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック