FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

愛の反対語は

「河」の東京例会、初参加者が一人いた。以前より角川春樹の俳句に関心はあったが、この度ネットで検索した後入会したのだという。二次会の席で、「XXさんブログを読んでいます」と挨拶された。ありがとうございますと、無難に応えたものの、ブログにははっきりわかる顔写真は載せていないし、記事に名前を書いたこともない。なぜ誰が書いているのかわかるのか、最初に疑問に思うべきだった。マヌケではあるが追って尋ねると、ブログを読めばだいたいわかるのだという。

匿名とはいいながら、確かに固有名詞を含め、かなり具体的な記述が多々あるから個人を特定するのは難しくないないのかもしれない。今回は「河」という共通項があったが、思えば全く見ず知らずの人でもその気になれば、どこの誰なのか、簡単に同定することは出来そうに思う。別に悪いことをしているわけではないし、誰であるかを知られても何の不都合も思い当たらないからかまわない。むしろ関心を持って調べていただけるだけ幸せと思うべきか。

「愛の反対語は無関心」という言葉を昔見て感動した覚えがある。まさに至言。ルーマニア出身のアメリカのユダヤ人作家で1986年にノーベル平和賞を受賞したエリ・ヴィーゼル氏の言葉だそうだ。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック