fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

雛人形

三年ぶりに妻の手作りの雛人形が飾られた。一昨年は義母の看病で妻が北海道に行き、帰ってきたのは昨年の三月下旬、ずっと蔵の中で眠っていた。蔵から出れば、世はウイルスの花盛り。
20200303-1.jpg

妻が作り始めたのは4月生まれの長女がお腹の中にいた37年前。当時、慶応志木高校のグラウンドの南側のアパートで暮らしていた。最初は裏様とお雛様だけだったが、三人官女や五人囃子、諸々の飾りと毎年少しずつ増えて賑やかになっていった。
20200303-3.jpg

三仕丁まで揃ったのはいつだったか。
20200303-4.jpg

ブログを振り返ると最初に載せたのは6年前の2014年の三月三日。今回6年ぶりになので改めてメンバー紹介。最初に誕生したお雛様。
20200303-5.jpg

三人官女までは毎年増えていた気がする。長女は一歳の時にバンコクに行っているので、バンコク製かもしれない。
20200303-6.jpg

五人囃子の二人。
20200303-7.jpg

三仕丁の一人。左の膳を作るのにすごく苦労していた。備品は全てゴミ製を旨としていて、椀ものはコルクをくりぬいて塗装したもの。
20200303-8.jpg

近年作られた牛車。牛の顔が傑作として製作した本人にも家族にも大好評だった。
20200303-9.jpg

同じく籠。今年長持を製作中で、今年で全段飾りが完成する。本来完成しているはずだったが、年圧から新年にかけて、豆本とその本棚の製作が入ったので雛祭りには間に合わなかった。
20200303-10.jpg

玄関にはこんなものを置いて、しばしの雛祭りモードの我家である。
20200303-15.jpg
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック