fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

神田川花下り 淀橋から高田馬場へ

天気がいいし、何も予定がないので歩いて行ける神田川へ花見に行くことにした。東中野の神田上水公園の看板で知ったのが、このコース、「いきいきウォーク新宿」という名前が付いているらしい。川に沿って桜がずっと植えられていて、行き交う人も少ない桜の隠れ名所。
20200325-1.jpg

まず山手通りを北上し神田川まで出る。我が家から二十分ぐらい。このあたりは桜も貧相でかつ花も遅い。
20200325-2.jpg 20200325-3a.jpg

しばらく行くと緑色の淀橋が見えた。この橋を青梅街道が通っている。山手通りから淀橋までの「いきいきウォーク新宿」に見るべきものはなく、歩くなら淀橋からで十分、丸ノ内線の中野坂上駅から300メートルほど。淀橋は高層ビル街と化した旧淀橋浄水場の淀橋であり、ヨドバシカメラの淀橋でもある。その昔のヨドバシカメラは現在の本店のあたりに間口二間程の透明ガラスの格子の引き戸の、いわゆる戦前の昭和風の家屋で、土間にカメラの段ボールを無造作に積んであった。高校二年生の時に初めてカメラを買ってもらったのがヨドバシカメラ、50年前の話だ。
20200325-5.jpg 20200325-6.jpg

淀橋から神田川は多少賑やかになる。橋の上にて撮影。
20200325-4a.jpg

桜の木は立派なのだが、今年の開花が早かった割に花は遅く、ほとんどが二分咲き程度で、八分咲きの木が稀にある程度。
20200325-9.jpg 20200325-7.jpg

それでもこんなインスタ映えしそうな絵は撮れる。
20200325-8.jpg

20200325-10.jpg

東中野の神田上水公園に入るとまだ六‐八分とはいえなぜか急に花が咲き出していた。それに合わせて人も多い。
20200325-11.jpg

このぐらい咲いていると一応花行脚、気分も高揚してくる。
20200325-12.jpg
20200325-13.jpg

見事な桜もただし公園内だけ。その先も桜はあるのだが、敢えて訪ね歩くほどのものはない。
20200325-15.jpg 20200325-16.jpg

「いきいきウォーク新宿」の終点が瀧澤橋。これがその有終の美。
20200325-17.jpg

後は普通の車道を歩き高田馬場へ。最後に神田川を渡るのだが、そこにあったのが東京富士大学。申し訳ないが、はじめて見た大学名だった。川を渡るブリッジがあったりして凄い。前身は多少古くからあるが、2002年に開設されたそうだ。
大学正門付近より 20200325-18.jpg
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック