fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

長梅雨

長梅雨。まだ梅雨明けの気配もなく雨の日が続く。雨の連続日数の記録を作ったとどこかのテレビでお天気おじさんが言っていた。確かめていないがそうなのだろう。天気図を眺めた。前線が日本列島にびっしり貼りつき始めたのは7月3日から、球磨川の洪水が始まった日だ。それから14日までの12日間、日本列島はまるで運動会のみたいに旗がはためき続けた。15日は前線が南に下がってしまったので14日までの記録が下図。
202007前線停滞期

他の年はどうだったのかが下図。前線が日本列島にびっしり貼りついている期間として較べたものだが、その期間は意外とどの年の梅雨も結構長い期間、前線が貼りついていた。ちょっとした発見でうれしい。それでも今年はその中でも一番。多分記憶しておくに値する年だろう。
20200717梅雨比べ小

前線貼りつき期間に大きな差はなかったが、降水量は圧倒的な差で観測史上1位だと思う。まず降水量の絶対値。6月27日から7月16日までの20日間で降った降水量の観測値。黄色以上の暖色系が400ミリ以上、赤が1000ミリ以上で、1500以上も九州を含めぱらぱらある。1000ミリというのは1メートル、どうということはなさそうだが、年間降水量が多い地点で3000-4000だから20日間で1000というのは未曾有の大雨である。
20200716pre20d00.png

上図では黄色が目立つが、大雨は全国的だった。下図は平年比を示したもので、北海道の一部を除いて、すべての観測地点で平年比100%以上。上図の赤のポイントは平年比3倍以上というから、天気図では同じようでも全く平年の長梅雨とは様相が異なっていた。
20200716pre20dhi00.png

雨とコロナ、マスクをしたてるてる坊主をぶら下げても、雨もやまないしコロナも収まらないので念のため。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック