fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

秋彼岸

4連休の三日目。山荘に行く前にお彼岸の墓参りに行く。連休の三日目となれば人出も多少落ち着いていることを期待して、出発前に渋滞情報をチェック。前回関越道まわりという奇策が功を奏したが、9時台の関越道は練馬から東松山ICまで120分という大渋滞、おまけに圏央道の青梅から八王子JCまでの渋滞付だった。中央道は当然のことながら高井戸から上野原まで110分。今回、新ルートとして青梅街道から拝島へ出、北側から霊園に行く道を検討した。拝島というのは八王子ICとほぼ等距離になる。ただ関東の一般道だと、せいぜい時速20キロ平均で走れれば御の字、拝島まで2時間ぐらいかかるだろう。

そんな中、ラジオを聴いていた妻が、渋滞が減ってきたと言ってきた。迷っていたこともあり、そちらの芝生が青く見えて中央道に突入。10時40分ごろ出発。少々東京の車は多めだがすんなり初台ICへ。が、首都高4号線は早や渋滞。情報ソースが「NEXCO東日本」のHPだったので首都高分の情報が抜けていたのに気づくが手おくれ。結局、高井戸まで40分もかかってしまった。

その後も国立府中付近まで平均時速10キロの渋滞、おもえば中央道は2車線なので人出が多ければ渋滞になりやすいわけだ。甲州街道も渋滞していることが分かっていたので、八王子ICを出た後16号線を右折、朝検討した北側から回り込むルートを選択、これは正解だったが、結局霊園に着いたのは2時すぎ。

GWの頃は関越道は貸し切り状態だったことがまるで夢のよう、何が違うかと言えば5月に較べ日々の感染者数が劇的に増えているだけなんだけど・・・。
ちょっと前の資料を拝借 20200921.png


そんなわけで山荘着は6時半ごろと真っ暗。そんな秋彼岸。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック