fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

テレワーク

今朝の白日。昨夕といい今朝といい「白日」と文字にしてもこういう景が浮かぶ人がほとんどいないのが残念。
20210130-0.jpg
お風呂の網戸の氷柱 20210130-3.jpg

昨日の朝刊の記事の降雪量の予想は下記のようなものだった。今朝の朝6時までの予想に群馬県北部の記載はなく、多いところが北陸と東海という見立て。
30日午前6時までに予想される24時間降雪量は多い所で北陸、東海70センチ、北海道、東北60センチ、近畿50センチ。その後の24時間は北陸30~50センチ、北海道、東北、東海20~40センチ。

ここ藤原では大騒ぎするほどの雪ではなく、また午後3時の積雪深が最大で184センチと、昨日書いた2メートルかもには至らかった。

正解というか実際はこちら、10時時点の降雪量4部門の3位までを並べたが、それでも群馬県代表の藤原が1位か2位にランクイン、他は新潟県と福島県fだった。北陸、東海、北海道、東北のメダルは無し。一昔前の日本のオリンピックのメダル予想のような結果。気象庁の予報官や各メディアの気象予報士は普段、何をしているのだろう。
20210130降雪量

そんな今朝の風景。柔らかな雪でもこもこ。
20210130-1.jpg
20210130-2.jpg
20210130-4.jpg

今回の主な作業はテレワーク。会社を辞めた2013年、いくつかの仕事のお誘いがあり二つを引き受けた。一つは現役時代に共同で仕事を進めていたアメリカの会社、当然ながらテレワークでの自己申告による時間給ベース。もう一つが知人が再就職した会社だった。当時としては常勤を前提としていたが、出勤する気は全くなかったので、自己申告による時間給ベースを提案した。業務内容が会社の机に座って進める必要のないものだったため、その方が会社にとっても都合がいいはずとして納得してもらった。彼が某国立大学大学院の出身で、院生時代からの旧知の仲、世間ではありえない形態だったが本社を説得してくれたようだった。彼も偉いが本社も偉い。いわばテレワークのハシリみたいなものだ。

こういう環境で仕事、といってもボランティアの同人誌製作だが、を進めるのはやはり快適。雪を眺めながら音楽を流し、煙草を吸ったりコーヒー飲んだりする時間が長くなるが、テレワークとはそういうものだろう。
20210130-5.jpg
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック