fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

新型コロナウイルス:デルタ株の真の脅威(2)

論文は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)のHPのプレスリリースで公表された「ウイルスの感染力を高め、日本人に高頻度な細胞性免疫応答から免れるSARS-CoV-2変異の発見」という共著論文。発表が今年の6月というから最新の研究成果。発表のポイントは以下の通り。
発表のポイント
・新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の感染受容体結合部位が、ヒトの細胞性免疫を司る「ヒト白血球抗原(HLA)」の一種「HLA-A24」によって認識されることを見出した。
・「懸念すべき変異株」に認定されている「カリフォルニア株(B.1.427/429系統)」と「インド株(B.1.617系統;デルタ型)」に共通するスパイクタンパク質の「L452R変異」が、HLA-A24を介した細胞性免疫から逃避することを明らかにした。
・「L452R変異」は、ウイルスの感染力を増強する効果があることを明らかにした。


なんだかわからないと思うので簡単に日本語に訳すとこうなる。

まず免疫に仕組みから。ヒトの免疫には自然免疫と獲得免疫があり、獲得免疫応答のひとつが細胞性免疫で、キラーT細胞とヘルパーT細胞が感染細胞を殺す役割等を担う。その際に、「HLA-A24」とういうヒト白血球抗原が、今回の場合でいえば新型コロナウイルのスパイク(感染部位)を認識して知らせていることがわかった。この研究では、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の一部が、「HLA-A24」という日本人に多く見られる型の細胞性免疫によってきわめて強く認識されることを、免疫学実験によって実証したことがポイント。すなわち、「HLA-A24」が新型コロナウイルスの侵入に対して、それを認識、細胞性免疫機構に働きかけてウイルスを除去するので、新型コロナに感染しない。日本人がコロナに感染しない理由を、ファクターXとか自然免疫とか呼んできたが、実態は「HLA-A24」だった。

次にいくつかの変異株について、「HLA-A24」で認識されるスパイクタンパク質の部位に、いくつかの重要な変異があることが発見された。その変異が、「インド株」と「カリフォルニア株」におけるL452R変異という変異。変異と言ってもヌクレオチドの一部のアミノ酸のL(ロイシン)からR(アルギニン)に変わっただけ。それだけだが、更に免疫学実験により、これらの変異はいずれも、HLA-A24による細胞性免疫から逃避することを実証された。これはインド株が細胞性免疫から逃避することを実証した世界で初めての成果だそうだ。

一言で言えば、インド株に対しては今までのように日本人の自然免疫は無効であることが証明され、もはや日本人は免疫に関し昨年までの欧米人と同じレベルになった、ということである。

さらに、L452R変異は、「HLA-A24」から逃避するのみならず、コロナウイルスの感染部位である肺胞に多数存在する感染受容体ACE2への結合性を高め、ウイルスの膜融合活性を高めることによってウイルスの感染力を増強させることも明らかになった。

株式会社日本医学臨床検査研究所のHPで、たぶんこの論文を読んでの結果だろう、簡単な図にまとめていたのでお借りする。
20210804HLA-A24.png

以上がデルタ株の実態、新聞テレビ、政府や各知事は感染者の数が激増したと騒いでいるが、日本にとってはこれまでの新型コロナとはけた違いの別の感染症の襲来と認識なければならない。最悪昨年の欧米と同じになる悪夢も視野に入れねばならないだろう。

オオカミと羊飼いの少年を思う。深刻な状況ではないにも関わらずオオカミが来ると叫んでいたマスコミ、各知事などとそれに洗脳された国民。今、本物のオオカミが現れた。

さいごにワクチンについて触れておく。図は日経新聞にあったわかりやすい絵。現在のワクチンはファイザーにしろモデルナにしろ、デルタ株以前の新型コロナウイルス(旧株と呼ぶ)のスパイクたんぱく質の遺伝子の一部を合成したもの。ワクチンの接種により旧株に対しての免疫機構は働くが、デルタ株のスパイクたんぱく質に対する効果は減少すだろう。

現在、欧米と同様のレベルで日本でもデルタ株の感染が急拡大している事実に対し、以上の記述はその背景を十分に説明しているように思える。

ただしワクチンは感染防止に対しては効果が薄くても、別のメカニズムで重症化を防いでくれるので、今こそワクチンの接種が急がれねばならない。
20210804mRNAワクチン

関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック