fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

「新型コロナウイルス:デルタ株の真の脅威」記事の顛末

今月初めに書いた記事をアゴラに投稿、採用掲載されたことは記した。掲載後の反響は大きく、アゴラに掲載されたのは9日、以降連日ランキング名を連ね、昨日17日には「週間ランキング」の7位であった。どのくらいの数の人たちが読んでくれたか想像し難いが相当数に上ることは確かだ、9日間も目立った記事だったから。
アゴラ週間ランキング8月17日現在 20210817アゴラランキング週間

今日ランキングを覗くとさすがにトップ10から消えていた。まあ、仕方ないかと思っていたらアゴラの編集長からメールが入っていた。
論文執筆者がファクターXを説明するものではないと明確に否定されました。従いまして、大変恐縮ですが、本記事を非公開とさせていただきました。取り急ぎ、お知らせまで。

メールにはツイッターのエビデンスが付けられていた。引用した論文の筆頭執筆者である佐藤准教授のツイッターでこうあった。

「(日本人に多い)HLA-A24が、他のHLAより強い、あるいは優れている」とか、「HLA-A24が『ファクターX』の正体」とか、「これが日本人の死亡率が低いことの説明」とかいうことを意味しているものではありません。

確かに原稿の一節にこう記した。
日本人がコロナに感染しない理由を、ファクターXとか自然免疫とか呼んできたが、実態は「HLA-A24」だった。

実態は「HLA-A24」であった可能性があるのかもしれない、と筆者の憶測であることを正確に記すべきところを断定的に書いたのは自己責任。読み返してみたが、他に問題となる個所は他にはなかった。

佐藤教授の文章からみて、このアゴラ掲載記事に対して直接言及されているわけではなさそうだが、編集長には丁寧にお詫びを入れ非公開承諾のメールを返した。

ネット上の炎上というと他人事だったが、単なる日記とは異なり多数のどんな人が見ているのかわからない世界、モノを書くということの責任を初めて身に染みて感じた。

ちなみにアゴラの記事、日本語だけでなく英語版、中国語版も同時に掲載されている。かなり正確に訳されているので英語版の最後の一文を並べてみる。中国語か簡潔にして要を得ているのが印象的。

・発表のポイントとして以下のように記されている。
・The points of the announcement are described as follows.
・公的要点如下

20210817英語版

20210817中国語版
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック