fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

両国巡り

長年応援してきた真夏座が昨年、主宰の高齢とコロナ禍で昨年解散、メンバーの三人で、公演ごととにスタッフ・出演者をつのる「政策集団」というユニットを立ち上げた。その新生真夏座による第一回の公演が両国のシアターX(カイ)で上演された。

両国といえば相撲、駅の西口を出ると立派な飲食店のモールがある。
20220110-1.jpg

20220110-2.jpg

初場所二日目とあって両国国技館前は大相撲の雰囲気が溢れているが観客の人出は時間がはやいせいか少ない。
20220110-3.jpg

これがシアターX(カイ)の入り口付近。両国シティコアのポールの下に今日の演目のポスターが置いてあった。公演の内容は、脚本と演出が今一つで敢えて書くほどのものではなかったのでパス。
20220110-4.jpg

終演後、墨田川の遊歩道へ。
20220110-5.jpg

二年前の桜に季節に歩いた時に感動を覚えた神田川の墨田川への合流ポイントを再訪することにした。
20220110-6.jpg

両国橋を渡り、神田川の柳橋に。まだ、江戸か昭和にタイムスリップしたような感覚を覚える店構えが残っている。
20220110-7.jpg

浅草橋から柳橋方向。
20220110-8.jpg

JR浅草橋駅に行く途中「天然鯛焼」の文字が目に入り、さらに「鳴門鯛焼」との大きな看板のある店があった。天然の鯛焼き?鳴門?という文字に、魚の鯛を焼いて売っているのかたい焼きを売っているのか気になって寄ってみると、やはり普通のたい焼きだった。何事もなかったような一日だったが、これもなんかしあわせ感あり。
20220110-9.jpg
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック