fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

窓の雪

想定通りのピカピカの朝の上、気温も高い春日。
20220226-1.jpg

メインの屋根の雪は、毎度のことだが昨夜のうちに轟音を立てて落雪した。やはり、一部は窓の高さを越え雪の隙間から朝の光が漏れるような感じ。ここは一階ではあるのだが基礎の高さが1メートル以上あり、かつ南側は急斜面で下っているから、最高部の雪の高さは5メートルに達しているだろう。
20220226-2.jpg

落雪のない西側の窓。雪面は腰窓の高さより高く半地下のような感じ。
20220226-3.jpg

北側の窓はやはり落雪で雪の下。
20220226-4.jpg

和室の西側の窓は半分落雪の山がかかって、巣箱を掛けているダケカンバが埋もれている。
20220226-5.jpg

最後に浴室の窓。ここも南側なので落雪の影響により窓の大半が雪に埋まった。
20220226-6.jpg

そんな中、下の子が運悪く熱を出したので、今日はみんなでお留守番、上の子と二人で出かけることになった。
20220226-11.jpg 20220226-12.jpg

妻に送ってもらい水上高原ホテルのスノーランドへ。大雪の後の好天の土日とあってか、ホテルへ行く道には「駐車場満車のため通行止め」の柵が出ていた。送迎なので戸惑っている車を尻目に柵をぬけてホテルへ。確かに蔓延防止云々にもかかわらずけっこうな人出。
20220226-13.jpg

スキー場ではあるが、ここは幼児用のポケモン・スノーパレットとピカチュウ・キンダーガーデンという二か所の雪遊びの施設がある。大人子供共に入場料は1000円。ポケモン・スノーパレットは浮き輪のような巨大チューブとそり用のスロープとスノーエスカレーターがある。天気がいいので気持ちがいい。
20220226-14.jpg 20220226-15.jpg

昼食はホテルのビュッフェで、大人1500円、幼稚園児600円というよくわからない価格設定。食事の前に娘に、ホテルのライブカメラの前に立つからと電話し、画像をプリントスクリーンしてもらった。ウォーリー君を探せ状態だが、本人にはわかる。
2022202261水上高原H

午後からはピカチュウ・キンダーガーデンへ。知る人は少ないだろうが、ここは水上高原GCのフォレストコースのアウトの1番ホールのティーグラウンドのすぐ下に広がっている。運よくティーショットが当たってても下の画像の右側のちょっと先、414フィートあるので2オンなど不可能。
20220226-31.jpg

対象年齢1-5歳なので本当の雪遊び程度の施設。
20220226-16.jpg

すぐに飽きて左手の斜面を登り始めた。稜線に消えてなかなか戻らないので登っていくと、新雪の踏み跡もない木々の中に踏み入っていた。戻れないと大変だよというと、下に送迎用のそりの道が見えるから大丈夫だよと言われた。
20220226-17.jpg

これがそりのスロープ。
20220226-18.jpg

右手の斜面は踏み跡もなかったがそこへも踏破。その後は、左斜面の雪の壁を登り始めた。少し登っては昨日のタヌキみたいに滑り落ちていたが、ようやく完登。気に入ったらしく何回も繰り返していた。
20220226-19.jpg 20220226-20.jpg

妻に迎えに来てもらい帰宅。ここでも屋根からの落雪の山を登り始め、雪の厚く積もった庭へ。落雪の高さは屋根に達している。
20220226-21.jpg

木槿の脇での登頂成功のポーズ。帰ると下の子はすっかり元気になっていた。
20220226-22.jpg
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック