風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

明川千本桜

多分明川千本桜と言っても、知っているのは明川の十一戸とその関係者数百名だろう。この桜は、明川の庄屋であった大坪さんが平成19年に知り合いに声をかけ、桜の寄贈を募ったことに始まる。我家も平成20年に家族全員がそれぞれの桜を寄贈した。次女がしだれ桜で3人が山桜。今咲いているのはソメイヨシノとシダレザクラ。
  20140508-6.jpg 

全く無名であり、まだ新参の桜にもかかわらず、今年見た幾多の桜の中でも必見に属する。これはひとえに明川という美しい村という立地条件による。残雪の山は朝日岳。 
20140508-7.jpg  20140508-8.jpg

谷間が拓かれ棚田が並ぶが、現在お米が作られているのはごく一部。住民は老人ばかり。耕作されなくなった田圃は荒れはて、つくしがびっしり生えている。この田圃を借りてせめて荒れ田から畑に、と思った訳だが、今日歩いてみてやはり田圃一枚は広大で、片手間ではどうにもならないと思った。
20140508-9.jpg  20140508-10.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック