風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

示談交渉(3)

保険会社(SJ)から何回か留守電が入っていたので、今朝担当のKさん(女性)に電話。先方と資料や判例を送り責任負担1:9の話をするも、赤信号も事故位置の話にならず、SJやKさんの態度が悪いという話になって、負担割合の話はできない状況という。ついては弁護士を入れてはどうかという質問形式の提案だった。即了承。とりあえず私と弁護士と面談し、経過報告や費用等は弁護士から SJへなされる。面倒ではあるが、弁護士と話をしてみるのも悪くはないし、こういう交渉がどうなるのか見極めるのも興味深い。夕方、ケータイに弁護士からの留守電が入っていて、比較的若い女性だった。こうやって人生はちょっとずつ横道に逸れてゆく。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック