fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

誕生日プレゼント

妻も私も7月生まれなので娘たちは毎年何かと誕生日プレゼントを用意してくれる。この夏、趣向を変えてホテルでのお食事券を用意してくれた。
20221202-1.jpg

海外赴任中や海外旅行中はいろいろと訪れる機会はあるが、確かに東京で高級レストランに行くことはない。さきほど検索すると都内の夜景がきれいなフレンチ部門で3位に評価されているレストランだった。
20221202夜景部門

秋に来るつもりだったが二人の体調と都合のいい時期がなかなか重ならず、早12月、春まで有効とはいえ12月に入ると使えない時期もあるというので、急遽予約して昨日行ってきた。急な予約であったためか窓際の席ではなく内側のテーブルだった。37階に位置していて窓際だとこんな夜景を見下ろすことができる。
20221202-10.jpg

メニューは冷たい前菜4種から2種を選択しての7品とたっぷり。
20221202-2メニュー

ウェルカムシャンパンでコースの始まり。
20221202-3.jpg

前菜(オードブルとメニューにはフランス語で書いてあった)は「4種の肉のパテ」と「鱸のタルタル シャンパーニュのスープとオシェトラキャビア」を選択。温かい前菜では「オマール海老のソースアメリケーヌとヴァンジョーヌのサバイヨン」。パテやオマールエビはわかるが他は当然ながらどんなものが出てくるのか想像もつかない。

左が「鱸のタルタル シャンパーニュのスープとオシェトラキャビア」、右が「オマール海老のソースアメリケーヌとヴァンジョーヌのサバイヨン」。
20221202-4.jpg 20221202-5.jpg

ワインはグラスワインを取った。ワインの写真というよりはテーブルからの雰囲気。
20221202-6.jpg

肉料理は蝦夷鹿を選択。
20221202-7.jpg

さすが高級フレンチとあってサービスの人も多く質も洗練されている。デザートの後に、さらにおまけでシェフからのお菓子も出された。久しぶりの満たされた時間、モノもいいが歳を重ねた今となっては時間を贈られるというのもとてもいい。
20221202-8.jpg

関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック