fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

クリスマスキャロル2022

昨日は「座・高円寺」での劇団昴の「クリスマスキャロル」。奇しくも昨年の12月4日と同日に観に行った。評判が良かったのだろう、今年も再演されると夏ごろ聞いていた。質の高いいい舞台だった上子供でもわかる内容なので、生まれて初めての観劇には最適と思い、小学一年生になった上の子を連れて行った。今家にある「ガラスの仮面」をもうすぐ読了という状況なので、現在の関心事という意味でもちょうどいい。
20221204-1.jpg

20221204-2.jpg 20221204-3.jpg

主役の宮本さんからのお手紙に「昨年の舞台と随分変わり、更に面白くなりました」とあったとおり、確かに台本も演出も変わり内容もより洗練されてわかりやすくなっていた。昴のHPにあった今年のフライヤーと(左)と去年(右)、経費削減とはいえ文字の色と内容が少し違うだけで絵は同じというのもわかりやすくていいかも。

舞台のセットは昨年と同じだったが、確かに雰囲気や演出の違いはよく分かった。今フライヤーを見ると、台本・演出が替わっていた。物語で重要な役を演じる三人の精霊も替わり、過去の精霊は男優から女優に、現代の精霊は女優から男性に、未来の精霊は男優から光による演出に変わっていた。スクルージの口調も変えられていた気がする。いずれにしろ、一年生の子が2時間、あっという間に終わっちゃったと言うぐらいだから観ていて楽しい舞台、何回か泣いちゃったとも言っていたから連れて行った甲斐があった。
20221204クリスマスキャロル 20211204昴

舞台がはねてから、高円寺のマックでアイスクリームタイム。こうやって写真にすると高円寺の町もきれい。
20221204-4.jpg
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック