fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

日銀、0.25%の利上げ容認の意味

碁の忘年会から帰ると、夕刊トップに派手な記事が。

日銀は19~20日に開いた金融政策決定会合で、大規模緩和を修正する方針を決めた。従来0.25%程度としてきた長期金利の変動許容幅を0.5%に拡大する。20日から適用する。長期金利は足元で変動幅の上限近くで推移しており、事実上の利上げとなる。変動幅の拡大は21年3月に0.2%から0.25%に事実上、引き上げて以来となる。
20221220日銀利上げ

だからどうしたという説明は新聞テレビの解説に譲るとして、金融政策に変更はないという事前記事が多かっただけに驚き。
藤巻健史氏は氏のブログにこう記していたので拝借;この0.5%は日銀の債務超過ぎりぎりの線。(今までは単に保有国債の評価損発生でまだ純資産)。もう日銀は何もできない。で、日銀が出来る金融引締め策は全て出し終わった。濡れぞうきんを絞り切った状態。徳俵の上に2本足でどうにか立っていたがついに片足1本まで追い込まれた。円の紙くず化は非常に近いと思う。

補足すると、日銀が債務超過に陥るギリギリの線が0.5%ではあるが、日銀は日本国債の売りを浴びせられても0.5%までは無制限に買い入れるという宣言で、これ以上海外との金利差を埋め円安を防ぐことも、金利を上げて国内のインフレ対策を行うこともできない、と日銀が白旗を振り始めた状態。

昨日の夕刊にはこんな記事が出たばかり。
20221220日銀国債5割

金利が上がると日銀の含み損が膨れる。これも先日維新の会の国会での質問に対し、次期総裁候補の雨宮氏の答弁。まともな議員も少しはいる。
日銀の雨宮正佳副総裁は2日の参院予算委員会で、長期金利が上昇した場合に日銀が保有する国債に生じる含み損について「1%の場合マイナス28兆6千億円」との試算を示した。(中略)日銀は2022年4~9月期決算で保有国債に8749億円の含み損が生じた。(中略)雨宮副総裁は長期金利が上昇した場合に生じる国債の含み損についてそれぞれ「2%の場合マイナス52兆7千億円、5%の場合マイナス108兆1千億円、11%の場合マイナス178兆8千億円」と説明した。
12月2日 日経新聞 20221202日銀評価損

いよいよ「終わりの始まり」が佳境にはいってきたと感じるのは藤巻氏ばかりではなさそうだ。最近は控えめながらはっきりと日本経済に対する警告を記す記事も目立ってきた。昨日も日経新聞に、佐伯遼と名前入りの「国債市場に無言の警鐘
同日オペ、財政に飛び火も」と題する大きな論説記事が掲載されていた。その最後の一節がこちら。
今は世界的な利上げや海外勢による日銀の政策修正観測にとどまっている金利上昇圧力が財政懸念主導に形を変えれば、国債の売りの勢いが増大する可能性がある。すでに機能が弱っている債券市場には、財政不安を背景にした悪い金利上昇を止める術は残されていないかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック