風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

第35回角川春樹賞

「河」に角川春樹賞というものがある。賞として記念品と賞状。五月末日締切の30句、応募要項は以前に発表されていたが、当然ながらなかなか手がつかず、先月から冬眠前のリスみたいに少しずつ溜め込んでいった。ようやく30句揃い、今投函してきたところ。昨年も応募したが予選も通過せず、またちかごろは荒地句会でも主宰の選を得られないので、一抹どころか山ほどの不安感があるが、別に失うものがあるわけでもないので、これも修行、作品を用意するプロセスに価値がある、と初めから言い訳モード。

とりあえず、これで大きな荷物ははなくなり、またポリープ切除もなかったので(細胞診の結果は不明だが)、身も心も軽くなった。なすべきことがエンドレスにある山荘の庭造りにも、これからようやく手が付けられそう。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック