fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

梅雨明け宣言2023

気象庁が今日梅雨明け宣言をしたそうだ。「今年の東京は今日が梅雨明けかな。」とブログで記したのが7月10日、気象庁より12日も早かったから本ブログの勝ち、ということではないのだが、なんで今?、という疑問も払拭しがたいので検証。
20230722梅雨明け宣言

こちらは気象庁のHPにある東京の7月の日々の観測データ。梅雨の間は雨が多くて曇りの日が多くて、厳しい暑さにはならないが、梅雨が明けるとお日様のカンカン照りと猛暑の日々となることから、わかりやすい降水量と日照時間と最高気温の推移。

10日はその日から前線は北上、カンカン照りと猛暑の日となったことから「梅雨明けかな」となった。実際その後は雨らしい雨の日はなかった。ただし13日から15日までは梅雨のような曇りの3日間があった。いわゆる戻り梅雨もどき。

一方、気象庁の梅雨明け宣言の今日は、今日から暑くなったわけでもなく、日照時間の少ない梅雨明け宣言にはふさわしくない天気。
2023722梅雨明け宣言

気圧配置を見ても左の10日は弱いながらも太平洋高気圧が張り出して来ていて夏型の気圧配置、一方今日は前線が南方海上にあり、高気圧の影は見えない。

梅雨明け宣言が生活に影響を与えるわけではないのでどうでもいいのは確かだが、一応国の機関である以上、もう少し合理的な判断をした方がいいんじゃない、という結論になった。
20230710梅雨明け? 20230722気象庁の梅雨明け


関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック