fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

台風6号下の沖縄の天候

今回の台風6号、大型で非常に強いだけでなく、沖縄本島をいたぶるように南側を通り北側を抜けるというまるで沖縄に恨みでもあるかのような異常な経路を描いた。この間はほぼ6日間。台風というのはあるポイントにとっては通常一日で抜けるものだから稀有な出来事である。
20230807台風6号経路

台風6号が沖縄に最接近した後の8月2日午前9時半ごろの可視光の画像(左)と着色された赤外線画像(左)。
20230802台風6号衛星可視光 20230802台風6号着色赤外線

同時刻の雨量解析付きの雨雲レーダー画像。上の二つの画像は不穏な気配が画面に漂っているので恐怖感を煽るのには適しているものの雲の下の状況は分からないが、雨雲レーダー画像だと雨の様子と雨雲の円を描いている状況から風の様子も推測できる。
20230802台風6号レーダー

では、実際に沖縄の天候はどうだったか?というので、8月1日午前0時から8月6日24時までの1時間毎の那覇のアメダス観測結果をまとめた。世の中気象情報はどこのテレビでも放映されるが、ネットの気象予報士のお姉さんやおじさんも含めてこんな資料をまとめてくれないので、たぶん世界で唯一の貴重な情報である。
20230807那覇の天候

台風が沖縄に最接近したのは赤線の気圧が示すように8月2日の真夜中。風は最接近前から強くなり秒速30メートルを観測している。最接近時には雨量もピークを観測し、時間雨量は27ミリぐらい。その後、風も雨も収まって午後には強めの雨と強い風となった。

暗闇の中暴風と大雨に見舞われた沖縄の方には失礼ではあるが、最大風速50メートルの台風の接近の割には実際の天候の状況は被害甚大という雰囲気のものではなかったようだ。

沖縄本島北部に最接近した8月5日の昼過ぎに改めて20メートルを超える暴風と20ミリを超える雨に見舞われたが、それも比較的短時間。

とはいえ、6日間にわたり10メートルを超える風と間欠的な強い雨に遭遇した島民と、そして特に観光客にとっては未曽有の災難。他人事であるで何か書いても嘘くさくなるので慰めの言葉は述べないが、予約時には津波と同様に台風の来襲は予測不能、自然に対しては遭遇してしまったら謙虚にひれ伏すしかない。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック